メルマガ バックナンバー

日付一覧

  • 2018/07/05 13:29:01
  • 2018/05/29 10:32:56
  • 2018/05/09 16:42:25
  • 2018/04/29 10:13:05
  • 2018/03/28 13:48:30
  • 2018/03/02 15:08:01
  • 2018/01/18 14:39:52
  • 2017/09/25 10:03:38
  • 2017/09/13 13:30:54
  • 2017/08/10 15:25:15
  • 2017/06/30 16:01:32
  • 2017/06/21 13:34:39
  • 2017/05/11 14:03:57
  • 2017/03/24 15:44:41
  • 2017/03/01 09:54:26
  • 2017/02/28 16:33:28
  • 2017/01/16 15:18:25
  • 2016/12/19 11:03:36
  • 2016/11/20 10:14:52
  • 2016/10/26 16:27:35
  • 2016/10/23 10:29:06
  • 2016/10/03 15:44:30
  • 2016/08/30 13:55:03
  • 2016/08/18 13:42:52
  • 2016/07/29 14:26:53
  • 2016/07/18 13:43:16
  • 2016/06/17 15:10:40
  • 2016/05/03 16:28:16
  • 2016/01/22 16:04:32
  • 2015/12/28 18:20:10
  • 2015/12/28 11:43:20
  • 2015/12/04 10:40:58
  • 2015/11/04 16:03:33
  • 2015/10/21 16:37:51
  • 2015/08/17 09:23:25
  • 2015/07/23 17:07:14
  • 2015/06/23 15:47:21
  • 2015/04/24 17:47:23
  • 2015/03/21 17:31:11
  • 2015/03/05 11:38:40
  • 2015/02/23 15:41:19
  • 2015/01/22 16:50:34
  • 2014/12/16 17:01:20
  • 2014/11/22 12:16:21
  • 2014/10/30 17:37:27
  • 2014/10/24 17:34:59
  • 2014/09/19 17:44:14
  • 2014/07/31 18:29:01
  • 2014/06/19 15:58:41
  • 2014/05/28 12:02:33
  • 2014/04/26 18:13:39
  • 2014/04/20 11:42:48
  • 2014/03/25 16:51:53
  • 2014/03/02 11:26:05
  • 2014/01/26 17:54:26
  • 2013/12/24 17:21:26
  • 2013/11/22 18:46:45
  • 2013/10/18 12:20:37
  • 2013/09/28 17:57:11
  • 2013/08/23 19:12:37
  • 2013/08/16 14:21:46
  • 2013/08/03 13:39:57
  • 2013/07/10 11:34:08
  • 2013/04/28 17:54:53
  • 2013/04/20 16:44:05
  • 2013/03/26 13:38:00
  • 2013/02/22 17:22:29
  • 2013/01/02 16:55:47
  • 2012/12/21 17:29:37
  • 2012/11/16 17:38:14
  • 2012/10/25 17:06:43
  • 2012/10/13 11:51:43
  • 2012/09/23 15:51:54
  • 2012/08/18 16:51:25
  • 2012/07/21 17:08:38
  • 2012/06/22 18:41:53
  • 2012/05/26 18:16:08
  • 2012/04/25 19:28:53
  • 2012/04/18 19:00:33
  • 2012/04/03 18:38:02
  • 2012/02/29 14:05:03
  • 2012/02/01 17:54:52
  • 2011/12/27 15:58:52
  • 2011/12/01 14:12:43
  • 2011/11/01 19:21:50
  • 2011/09/28 11:09:22
  • 2011/09/13 15:21:26
  • 2011/08/31 09:15:47
  • 2011/07/31 14:40:25
  • 2011/07/22 17:35:28
  • 2011/06/29 14:47:14
  • 2011/06/01 13:33:44
  • 2011/04/30 15:56:52
  • 2011/04/06 17:16:03
  • 2011/03/01 16:17:43
  • 2011/01/30 19:09:20
  • 2011/01/16 13:42:24
  • 2010/12/29 15:35:11
  • 2010/11/30 16:00:16
  • 2010/10/31 19:10:34
  • 2010/10/01 08:09:29
  • 2015/12/04 10:40:58
    • 海のホテル 島花 メンバーズ通信 No.55

    ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          海のホテル 島花 メンバーズ通信 No.55
          http://www.shimahana.com
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015年12月4日■□■
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    メンバーの皆様、こんにちは。
    海のホテル 島花の笹木でございます。

    季節はずれの台風になんとなく世話しない気分になりつつも、冷たい
    風にしっかりと冬の到来を感じるこの頃ですがいかがお過ごしでしょ
    うか?冷え性の私は手作りの自家製梅シロップに生姜湯をブレンドし
    た特製ドリンクを試してみたのですが、身体の中から温まり朝までポ
    カポカ!さらに気象協会が発表している鍋もの指数が60を越えたと
    耳にし、さっそく鍋料理を食べて冬を満喫しています。この時期だか
    らこそ味わえる楽しみも盛りだくさん、寒いからと冬ごもりしていて
    はもったいない!今回は胃袋からあったまる、あつあつ島グルメとこ
    の時期おすすめの情報満載でお届けします。

    それではどうぞ最後までお付き合い下さいませ。

    ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
    ■トピックス
    [1] 2015年12月19日 ホテルニューアワジ ヴィラ楽園に新客室誕生
    [2] コラーゲンたっぷり!究極の美容食 ふぐのシーズン到来
    [3] つるつるもちもち、喉越しが癖になる本格手延べ麺
    [4] -星と森のクリスマス物語- クリスマスフラワーショー2015
    [5] 〜甘い香りに誘われて〜 水仙郷のシーズンはもうまもなく

    ■神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ近況
    ■ 編集後記
    ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [1] 2015年12月19日 ホテルニューアワジ ヴィラ楽園に新客室誕生
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    海のホテル 島花と同じ2010年にグランドオープンしたグループホテル
    のホテルニューアワジ ヴィラ楽園に、新しい2つの客室タイプが登場
    します。「星と海と空が出逢う場所」をシンボルフレーズに、我が家
    のように寛げる全室温泉露天風呂付・和のスイート ヴィラ楽園。
    2015年12月19日に新しくオープンする「宙(そら)の庭 TypeK」と
    「宙の庭 TypeL」は海に面する広い間口が特徴的で、大きな1枚ガラス
    の向こうに紀淡海峡が広がります。

    明るい光が差し込むリビングダイニングでソファに身を任せ、流れる
    雲や遠くに行き交う船を眺めながら大切な人とのひとときをお過ごし
    下さい。

    ■詳しい情報はこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=371

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [2] コラーゲンたっぷり!究極の美容食 ふぐのシーズン到来
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ふぐのお造り「てっさ」が薄い理由は、身が締まっていてとっても歯
    ごたえがあるからというのは最近では有名な話ですが、では何故ふぐ
    の身はあんなに歯ごたえがあるかご存知でしょうか?実はそのワケは
    コラーゲンにあるんです。女性はもちろん最近は男性も(?)求めて
    止まないコラーゲン。皮膚や髪の老化を防ぎ、肌にハリを与えて骨に
    しなやかさを生み出すコラーゲンを多く含んでいる為、ふぐの身はぷ
    りぷりとした弾力があり皮はコリコリした食感を楽しめるのです。

    しかも他の魚と違って魚臭さが無いのは脂が少ないから!低脂肪で低
    カロリー、高タンパクな上にコラーゲンを多く含むふぐが究極の美容
    食とも呼ばれるのは誰もが納得できるのではないでしょうか。鳴門海
    峡の冷たい潮に揉まれて淡路島3年とらふぐが旬を迎えるこれからの
    季節、鍋もの指数もうなぎ上りとまさにてっちり鍋のベストシーズン!
    海のホテル 島花ではふぐをたくさん食べたいという方にぴったり、
    ふぐを通常コースの2倍ご用意するコースもございますので、ぜひお
    試し下さい。

    ■詳しい情報はこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=372

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [3] つるつるもちもち、喉越しが癖になる本格手延べ麺
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    御食国・淡路島の食材を広く知って頂くべくスタートした「御食国
    プロジェクト」。サンフランシスコ万博で金賞を受賞してから今年
    でちょうど100年、約180年の歴史を持つ南あわじ市の特産「淡路手
    延べ麺」の製法を応用した「淡路島ぬーどる」と、淡路島産の玉葱
    を使った料理を“淡路島ぬーどるプロジェクト”として島内38店舗
    でご提供中です。淡路島ぬーどるの専用麺は太さ2ミリ長さ38センチ
    と素麺より太くて2倍も長く、各店それぞれで趣向を凝らしうどん風
    やラーメン風、さらにはスパゲティ風のメニューが考案されバラエ
    ティ豊かな味わいを楽しめます。

    風が冷たいこれからの季節、各店自慢あつあつのスープに舌鼓を打
    ち、つるつるもちもちの淡路島ぬーどるを一気にすすり心も胃袋も
    ほっこり幸せな気分になるひととき味わってみてはいかがでしょう
    か。38店舗の内の一つである海のホテル 島花でも豚骨ベースの特
    製スープが凍えた身体に染み渡る、「淡路猪豚の肉味噌ぬーどる」
    をお召し上がり頂けます。旅の寄り道に、自分好みの淡路島ぬーど
    るを探してみてはいかがでしょうか?

    ■詳しい情報はこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=373

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [4] -星と森のクリスマス物語- クリスマスフラワーショー2015
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    クリスマスシーズン恒例、毎年この時期は全国各地が煌めくイルミ
    ネーションに彩られますがお目当てのイルミネーションはお決まり
    でしょうか?50万球を超える電飾が幻想的な空間を創り出すイルミ
    ネーションスポットは兵庫県内でも数ヶ所しかなく、その中の一つ
    が淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」です。

    明石海峡大橋を渡ってすぐ、神戸からまさに目と鼻の先にある淡路
    夢舞台で2016年1月17日(日)まで開催されている「クリスマスフラ
    ワーショー2015」。こちらのイベントでは花の島・淡路にふさわし
    く光輝くライトアップだけでなく毎年行列ができるピンクのツリー
    とハートのベンチなど、人気の撮影スポットも盛りだくさん。旅の
    記念や思い出の1枚を撮影して、SNSに投稿されてはいかがでしょう。

    ■詳しい情報はこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=374

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [5] 〜甘い香りに誘われて〜 水仙郷のシーズンはもうまもなく
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    第二次世界大戦中にリトアニアで6,000人にものぼるユダヤ人の命
    を救った、杉原千畝さんの物語が蘇る話題の映画「杉原千畝」が
    今週末から公開されます。人道的で尊敬すべき人物として教科書
    にも載っていて子供の頃から教育される為、リトアニアでは親日
    家が多いそうです。70年前の一つの行ないが種となり、今では多く
    の人の心に花を咲かせる感動的な話を私も個人的に楽しみにして
    います。

    さて、杉原千畝さんのお話よりもっと前、およそ180年以上も前に
    海を渡って淡路島に流れ着いた一つの球根が花を咲かせ、今では毎
    年数百万本もの野生の水仙が咲き乱れ人々を魅了している淡路島の
    水仙郷シーズンはもうまもなく。日本三大水仙郷の一つ、灘黒岩水
    仙郷は2015年は12月25日に開園します。紀淡海峡を見下ろす高
    台にレモンイエローの水仙の絨毯が風に揺れ甘い香りが漂う遊歩道
    を散策しながら、遠い昔に思いを馳せてみるのもおすすめです。

    ■詳しい情報はこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=375

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■□■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New? ■□━━━━

    2011年12月にホテルニューアワジグループとして新たなる一歩を
    踏み出した、神戸六甲アイランドに佇むランドマークホテル「神戸
    ベイシェラトンホテル&タワーズ」。

    こちらのWhat's New?では、シェラトンの最新ニュースをお届けさ
    せて頂いています。

    ◆お菓子の家を作るクリスマスセミナー(ティータイム付)

    2015年12月6日(日)にクリスマスセミナーを開催。ヨーロッパで
    クリスマスに作られているお菓子の家「ジンジャーブレッドハウス」
    を親子で作る事ができます。ティータイムにはシェフ特製のデザー
    トも楽しめます。

    詳しくはこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=376

    ◆ニューイヤーカーニバル

    2016年1月1日(金)、2日(土)に開催されるニューイヤーカーニ
    バルではバラエティー豊かな30種類以上のブッフェに加え、人気の
    ビーフステーキ、お寿司、ずわい蟹などの特別メニューを愉しめま
    す。さらにまぐろの解体ショー、豪華景品が当たる新春ビンゴゲー
    ム大会、パフォーマンスやマジックショーなどのアトラクションも
    満載です。

    詳しくはこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=377

    皆様、魅力たっぷりの神戸ベイシェラトンホテルへぜひ一度お立ち
    寄り下さいませ。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■編集後記
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    最後まで読んで頂きましてありがとうございます。
    海のホテル 島花 メンバーズ通信、いかがでしたでしょうか?

    つい先日、1966年に廃線となった淡路鉄道の特集展示を見に行って
    きました。洲本温泉の入り口にある淡路文化史料館で行われている
    展示で、私が生まれるずっと前の写真や資料ばかりでしたが何故か
    懐かしくノスタルジックな気分に浸れました。鉄道好きの伯父がま
    だ若い頃に、私の母親や友人と一緒に淡路島で遊んだ事や、昔は淡
    路島も鉄道があったと淡路島に引っ越したばかりの頃に聞かされた
    のを思い出しました。およそ半世紀50年も昔の事ですが、また50年
    後には「100年前は淡路島にも電車が走っていた」と話しているの
    か、はたまたリニアモーターカーが走っていたりするのでしょうか。
    まだまだ先の事ですが楽しみにしたいと思います。

    それでは皆様、また次号でお会い致しましょう。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました
    ※配信停止をご希望の場合は恐れ入りますがそのままご返信下さいませ

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

    編集:ホテルニューアワジグループ インターネット予約センター
    編集担当:笹木 政宏
    発行:株式会社 島花
    〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1277-5
    TEL:0799-24-3800 FAX:0799-24-0021
    homepage http://www.shimahana.com
    facebook http://www.facebook.com/shimahana
    twitter https://twitter.com/awaji_shimahana
    メール rsv@shimahana.com

    Copyright (C) SHIMAHANA. All Rights Reserved.     Mailmagazine system : powered byメール配信CGI acmailer