メルマガ バックナンバー

日付一覧

  • 2018/07/05 13:29:01
  • 2018/05/29 10:32:56
  • 2018/05/09 16:42:25
  • 2018/04/29 10:13:05
  • 2018/03/28 13:48:30
  • 2018/03/02 15:08:01
  • 2018/01/18 14:39:52
  • 2017/09/25 10:03:38
  • 2017/09/13 13:30:54
  • 2017/08/10 15:25:15
  • 2017/06/30 16:01:32
  • 2017/06/21 13:34:39
  • 2017/05/11 14:03:57
  • 2017/03/24 15:44:41
  • 2017/03/01 09:54:26
  • 2017/02/28 16:33:28
  • 2017/01/16 15:18:25
  • 2016/12/19 11:03:36
  • 2016/11/20 10:14:52
  • 2016/10/26 16:27:35
  • 2016/10/23 10:29:06
  • 2016/10/03 15:44:30
  • 2016/08/30 13:55:03
  • 2016/08/18 13:42:52
  • 2016/07/29 14:26:53
  • 2016/07/18 13:43:16
  • 2016/06/17 15:10:40
  • 2016/05/03 16:28:16
  • 2016/01/22 16:04:32
  • 2015/12/28 18:20:10
  • 2015/12/28 11:43:20
  • 2015/12/04 10:40:58
  • 2015/11/04 16:03:33
  • 2015/10/21 16:37:51
  • 2015/08/17 09:23:25
  • 2015/07/23 17:07:14
  • 2015/06/23 15:47:21
  • 2015/04/24 17:47:23
  • 2015/03/21 17:31:11
  • 2015/03/05 11:38:40
  • 2015/02/23 15:41:19
  • 2015/01/22 16:50:34
  • 2014/12/16 17:01:20
  • 2014/11/22 12:16:21
  • 2014/10/30 17:37:27
  • 2014/10/24 17:34:59
  • 2014/09/19 17:44:14
  • 2014/07/31 18:29:01
  • 2014/06/19 15:58:41
  • 2014/05/28 12:02:33
  • 2014/04/26 18:13:39
  • 2014/04/20 11:42:48
  • 2014/03/25 16:51:53
  • 2014/03/02 11:26:05
  • 2014/01/26 17:54:26
  • 2013/12/24 17:21:26
  • 2013/11/22 18:46:45
  • 2013/10/18 12:20:37
  • 2013/09/28 17:57:11
  • 2013/08/23 19:12:37
  • 2013/08/16 14:21:46
  • 2013/08/03 13:39:57
  • 2013/07/10 11:34:08
  • 2013/04/28 17:54:53
  • 2013/04/20 16:44:05
  • 2013/03/26 13:38:00
  • 2013/02/22 17:22:29
  • 2013/01/02 16:55:47
  • 2012/12/21 17:29:37
  • 2012/11/16 17:38:14
  • 2012/10/25 17:06:43
  • 2012/10/13 11:51:43
  • 2012/09/23 15:51:54
  • 2012/08/18 16:51:25
  • 2012/07/21 17:08:38
  • 2012/06/22 18:41:53
  • 2012/05/26 18:16:08
  • 2012/04/25 19:28:53
  • 2012/04/18 19:00:33
  • 2012/04/03 18:38:02
  • 2012/02/29 14:05:03
  • 2012/02/01 17:54:52
  • 2011/12/27 15:58:52
  • 2011/12/01 14:12:43
  • 2011/11/01 19:21:50
  • 2011/09/28 11:09:22
  • 2011/09/13 15:21:26
  • 2011/08/31 09:15:47
  • 2011/07/31 14:40:25
  • 2011/07/22 17:35:28
  • 2011/06/29 14:47:14
  • 2011/06/01 13:33:44
  • 2011/04/30 15:56:52
  • 2011/04/06 17:16:03
  • 2011/03/01 16:17:43
  • 2011/01/30 19:09:20
  • 2011/01/16 13:42:24
  • 2010/12/29 15:35:11
  • 2010/11/30 16:00:16
  • 2010/10/31 19:10:34
  • 2010/10/01 08:09:29
  • 2014/03/02 11:26:05
    • 海のホテル 島花 メンバーズ通信 No.38

    ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          海のホテル 島花 メンバーズ通信 No.38
          http://www.shimahana.com
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2014年3月2日■□■
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    メンバーの皆様、こんにちは。
    海のホテル 島花の笹木でございます。

    2月はオリンピックの熱戦に触発されたかのような大雪が降った
    かと思うと、3月並の陽気につつまれたりと落ち着かない気候に
    振り回される日が続きましたが体調など崩されてはいませんで
    しょうか?ここ数日は日差しがポカポカ気持ちよい日が多く、
    日中は車の中がまるで天国のような暖かさで実家のある神戸に
    帰る道中も快適なドライブを楽しめました。日差しの暖かい絶好
    のドライブ日和が多くなるこれからの行楽シーズンには、春を感
    じる見所たっぷりの淡路島まで是非足をお運びください。

    さて今回のメンバーズ通信は春の息吹を感じる淡路島から、おす
    すめ情報をお届けします。
    それではどうぞ最後までおつきあいくださいませ。

    ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
    ■トピックス
    [1] 2014春のワインフェア開催
    [2] WEBマガジンRAKUEN早春号
    [3] 春近し!淡路島 花だより
    [4] 淡路島3年とらふぐがいよいよ食べ納め
    [5] パワースポットを巡る〜伊弉諾神宮〜

    ■神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ近況

    ■ 編集後記
    ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [1] 2014春のワインフェア開催
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    先日、安土桃山時代に漬けられた350年物の梅干しが一粒5,000円と
    テレビで見て、ワインはどのくらい古い物があるのかと調べてみま
    した。なんと1,650年前のワインがドイツの博物館にあるそうです。
    (さすがに飲める状態ではないようですが・・・)日本はまだ古墳
    時代、古墳や埴輪を作っていた頃のワインがしっかりボトルに詰め
    られ乾燥せずに液体の状態を保っているというのが驚きです。

    さて、海のホテル 島花では2014年3月1日(土)〜4月30日(水)の
    期間限定で、2014 春のワインフェアを開催中です。
    今回のテーマは「Old vs New World Wine」。昨年の「日本のワイン
    フェア」とは趣を変え、新旧世界のワイン22種を取り揃えて皆様を
    お待ち致します。その中での1本を今回はご紹介します。

    【ティレルズ オールドワイナリー シャルドネ】
    オーストラリアで初めてシャルドネを商品化したティレルズ社のワ
    インはカンタス航空のファーストクラスにも採用されるほど世界中
    で高い評価を得ています。1858年の創業以来オーストラリアワイン
    の発展に貢献するティレルズ社が得意のシャルドネで作り出すこの
    1本は、濃醇さのあるキレがシャブリの特級を思わせる味わいです。

    ■春のワインフェアはこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=205

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [2] WEBマガジンRAKUEN早春号
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    淡路島の旬の情報やホテルニューアワジグループの最新情報をお届
    けする季刊誌「RAKUEN」のWEBマガジン版・早春号を掲載させて
    頂きました。

    今回のテーマは「花とハーブの島からの招待状」です。
    花の島・淡路からお届けする、春を感じる甘い香りが漂ってきそう
    な花々の情報が満載の早春号。春のお花見と言えばやはり梅や桜が
    真っ先に思い浮かびますが、その他にも菜の花やチューリップ、パ
    ンジーなど見応えたっぷりの花の絨毯が皆様を淡路島に誘います。

    さらに花も団子も楽しみたい方必見のグルメ情報から、昨年12月に
    オープンした「あわじ浜離宮」、この春オープンする温浴施設に注
    目が集まる神戸の新たな癒しのスポット「神戸ベイシェラトンホテ
    ル&タワーズ」で進行中のリニューアル情報など盛りだくさんの内
    容でお送りします。

    春のご旅行の前に、是非ご覧くださいませ。

    ■WEBマガジンRAKUENはこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=206

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [3] 春近し!淡路島 花だより
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「淡路花博2015花みどりフェア」を翌年に控え、開幕1年前イベン
    トを始め花の島・淡路が春の花々に彩られます。3月21日(金)の
    記念イベントでは「淡路島名誉大使」に就任する桂文枝さんを迎
    え、ますます盛り上がりを見せる淡路島から、春の名物スポットを
    いくつかご紹介します。

    まずはまもなく見ごろを迎えそうな「八木のしだれ梅」、こちらは
    テレビでも紹介され既にたくさんの方が訪れている有名な梅の名所
    です。私も淡路島に引っ越してから毎年見に行っていますが、樹齢
    約60年、幅10メートルにも広がるしだれ梅の佇まいはまさに圧巻で
    見る者を魅了します。

    また、春に淡路島を訪れる方に是非ご覧いただきたいのが「あわじ
    花さじき」の菜の花です。見渡す限り広がる黄色い花の絨毯と青い
    空とが織り成す美しい風景は、都会の喧騒を忘れ夢ごこちにさせて
    くれます。

    その他にも淡路島の至る所に様々な花にまつわる観光スポットが目
    白押しです。
    まずはトピックス[2]でもご紹介したWEBマガジンRAKUENを
    ご覧くださいませ。

    ■早春の花だより〜淡路島 梅の名所〜はこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=207

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [4] 淡路島3年とらふぐがいよいよ食べ納め
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    春は新年度を迎える出会いと別れのシーズンですが、海のホテル
    島花の淡路島3年とらふぐは3月で食べ納めです。今シーズンはまだ
    ふぐを食べていないという方は是非今のうちにお愉しみください!

    さて、かくいう私もつい先日やっと、1年ぶりのふぐを堪能してき
    ました。食べる前にはふぐはヘルシーでコラーゲンたっぷりだの、
    これが「身皮(みかわ)」かな?などみんなワクワクして話してい
    ましたがいざ食べ始めると美味しいという言葉しか出てこなくなり
    ました。グルメリポーターでも言葉を失いそうなこの滋味豊かな味
    わいと、私は年末までのお別れです。この時期に淡路島にお越しの
    方は、島のブランド食材・淡路島3年とらふぐを是非ご堪能ください。

    ■淡路島3年とらふぐについて詳しくはこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=208

    ■冬の旬を味わう《淡路島3年とらふぐ》てっちり鍋プラン
    http://www.shimahana.com/url.php?id=209

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [5] パワースポットを巡る〜伊弉諾神宮〜
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    古事記・日本書紀に記され、国産み・神産みを終えた伊弉諾大神が
    淡路島の多賀の地で余生を過ごしたその幽宮(かくりのみや)が淡
    路島随一のパワースポット・伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)です。
    日本で最初の夫婦神をお祀りするとあって夫婦円満や縁結び、安産
    のご利益があるとされ、たくさんの観光客が訪れます。その伊弉諾
    神宮では毎月22日、創生「国生み夜神楽の舞」が奉納されています。
    地元淡路島の子ども達が舞う神楽の他にも、当日は幻想的にライト
    アップされた神宮内を語り部による摩訶不思議な逸話を聞きながら
    参拝できます。

    夜神楽と言えば宮崎県の高千穂で行われる高千穂神楽が有名ですが、
    日本最古の社・伊弉諾神宮は淡路・出雲・高千穂の神楽が集う三大
    神話神楽祭が行われるなど、高校野球で言う甲子園のような存在で
    す。はじまりの島・淡路で子ども達の華麗な舞を是非ご覧ください。

    ■創生「国生み夜神楽の舞」はこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=210

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New? ■□━━━━

    2011年12月にホテルニューアワジグループとして新たなる一歩を
    踏み出した、神戸六甲アイランドに佇むランドマークホテル「神戸
    ベイシェラトンホテル&タワーズ」。

    こちらのWhat's New?では、シェラトンの最新ニュースをお届けさ
    せて頂いています。

    ◆グランシェフチャリティーランチを販売

    神戸ベイシェラトンホテル&タワーズを含む神戸市内の6ホテルで、
    東日本大震災遺児を支援するチャリティーランチが販売されます。
    サービス料に当たる代金の1割が「あしなが育英会」に寄付される
    このランチは6つのホテルそれぞれのシェフが腕をふるう「健康」
    をテーマにした料理が愉しめます。

    詳しい情報はこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=211

    ◆ファミリーフロアが3/20にオープン!

    お子様連れに嬉しいファミリーフロアが、3月20日(木)にオープン
    します。客室にはウェルカムスイーツやキッズアメニティなどが用
    意され、お子様も楽しいひとときを過ごせます。さらにスイーツの
    街「神戸」をイメージしたキッズスペース「神戸スイーツキッズラ
    ンド」も同日オープン予定。チョコレートの壁やマカロンのクッショ
    ン、バームクーヘンをモチーフにした本棚など、親子で楽しめるス
    ペースです。

    ◆レディースフロアがオープンしました

    女性のためのセキュリティーゲート付の専用フロアが2月14日(金)に
    グランドオープンしました。客室には基礎化粧品・アロマ付スチー
    マー、ヘアアイロン、マッサージソルトなどの女性に嬉しいアメニ
    ティー類も充実。また、女性専用のラウンジにはマッサージチェア
    や書籍・雑誌、コーヒー、紅茶、日本茶などを用意しています。

    詳しい情報はこちら
    http://www.shimahana.com/url.php?id=212

    皆様、魅力たっぷりの神戸ベイシェラトンホテルへぜひ一度お立ち
    寄りくださいませ。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■編集後記
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    最後まで読んで頂きましてありがとうございます。
    海のホテル 島花 メンバーズ通信、いかがでしたでしょうか?

    トピックスでもご紹介した伊弉諾神宮の夜神楽ですが、実は私も
    2ヶ月連続で観に行ってきました。笛や太鼓、歌も地元の方が行
    なっているのですが、やはり目を引くのは可愛らしい子ども達の
    舞です。艶やかな衣装を纏い、夫婦神が産み出す淡路島や本州・
    四国役の子ども達が颯爽とポーズを決めるとあまりの可愛さに思
    わず笑みがこぼれました。

    夜神楽の前に行なわれる夜間特別参拝では10個の願い事の中から
    好きなものを選べば神主さんが自分の名前を読み上げ祈祷してく
    れるのですが、私は「商売繁盛」と2回目は「心願成就」を選び
    ました。そのご利益やいかに!?せっかく10個もあるので、他の
    願い事と子ども達の舞を見に、また近いうちに足を運んでみたい
    と思います。

    それでは皆様、また次号でお会い致しましょう。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました
    ※配信停止をご希望の場合は恐れ入りますがそのままご返信くださいませ

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

    編集:ホテルニューアワジグループ インターネット予約センター
    編集担当:笹木 政宏
    発行:株式会社 島花
    〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1277-5
    TEL:0799-24-3800 FAX:0799-24-0021
    homepage http://www.shimahana.com
    facebook http://www.facebook.com/shimahana
    twitter https://twitter.com/awaji_shimahana
    メール rsv@shimahana.com

    Copyright (C) SHIMAHANA. All Rights Reserved.     Mailmagazine system : powered byメール配信CGI acmailer