メルマガ バックナンバー

日付一覧

  • 2018/07/05 13:29:01
  • 2018/05/29 10:32:56
  • 2018/05/09 16:42:25
  • 2018/04/29 10:13:05
  • 2018/03/28 13:48:30
  • 2018/03/02 15:08:01
  • 2018/01/18 14:39:52
  • 2017/09/25 10:03:38
  • 2017/09/13 13:30:54
  • 2017/08/10 15:25:15
  • 2017/06/30 16:01:32
  • 2017/06/21 13:34:39
  • 2017/05/11 14:03:57
  • 2017/03/24 15:44:41
  • 2017/03/01 09:54:26
  • 2017/02/28 16:33:28
  • 2017/01/16 15:18:25
  • 2016/12/19 11:03:36
  • 2016/11/20 10:14:52
  • 2016/10/26 16:27:35
  • 2016/10/23 10:29:06
  • 2016/10/03 15:44:30
  • 2016/08/30 13:55:03
  • 2016/08/18 13:42:52
  • 2016/07/29 14:26:53
  • 2016/07/18 13:43:16
  • 2016/06/17 15:10:40
  • 2016/05/03 16:28:16
  • 2016/01/22 16:04:32
  • 2015/12/28 18:20:10
  • 2015/12/28 11:43:20
  • 2015/12/04 10:40:58
  • 2015/11/04 16:03:33
  • 2015/10/21 16:37:51
  • 2015/08/17 09:23:25
  • 2015/07/23 17:07:14
  • 2015/06/23 15:47:21
  • 2015/04/24 17:47:23
  • 2015/03/21 17:31:11
  • 2015/03/05 11:38:40
  • 2015/02/23 15:41:19
  • 2015/01/22 16:50:34
  • 2014/12/16 17:01:20
  • 2014/11/22 12:16:21
  • 2014/10/30 17:37:27
  • 2014/10/24 17:34:59
  • 2014/09/19 17:44:14
  • 2014/07/31 18:29:01
  • 2014/06/19 15:58:41
  • 2014/05/28 12:02:33
  • 2014/04/26 18:13:39
  • 2014/04/20 11:42:48
  • 2014/03/25 16:51:53
  • 2014/03/02 11:26:05
  • 2014/01/26 17:54:26
  • 2013/12/24 17:21:26
  • 2013/11/22 18:46:45
  • 2013/10/18 12:20:37
  • 2013/09/28 17:57:11
  • 2013/08/23 19:12:37
  • 2013/08/16 14:21:46
  • 2013/08/03 13:39:57
  • 2013/07/10 11:34:08
  • 2013/04/28 17:54:53
  • 2013/04/20 16:44:05
  • 2013/03/26 13:38:00
  • 2013/02/22 17:22:29
  • 2013/01/02 16:55:47
  • 2012/12/21 17:29:37
  • 2012/11/16 17:38:14
  • 2012/10/25 17:06:43
  • 2012/10/13 11:51:43
  • 2012/09/23 15:51:54
  • 2012/08/18 16:51:25
  • 2012/07/21 17:08:38
  • 2012/06/22 18:41:53
  • 2012/05/26 18:16:08
  • 2012/04/25 19:28:53
  • 2012/04/18 19:00:33
  • 2012/04/03 18:38:02
  • 2012/02/29 14:05:03
  • 2012/02/01 17:54:52
  • 2011/12/27 15:58:52
  • 2011/12/01 14:12:43
  • 2011/11/01 19:21:50
  • 2011/09/28 11:09:22
  • 2011/09/13 15:21:26
  • 2011/08/31 09:15:47
  • 2011/07/31 14:40:25
  • 2011/07/22 17:35:28
  • 2011/06/29 14:47:14
  • 2011/06/01 13:33:44
  • 2011/04/30 15:56:52
  • 2011/04/06 17:16:03
  • 2011/03/01 16:17:43
  • 2011/01/30 19:09:20
  • 2011/01/16 13:42:24
  • 2010/12/29 15:35:11
  • 2010/11/30 16:00:16
  • 2010/10/31 19:10:34
  • 2010/10/01 08:09:29
  • 2012/05/26 18:16:08
    • 海のホテル 島花 メンバーズ通信 No.21

    ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          海のホテル 島花 メンバーズ通信 No.21

          http://www.shimahana.com

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012年5月26日■□■


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    メンバーの皆様こんにちは、海のホテル 島花の萩原でございます。
    今回も淡路島のおすすめ情報をお届けさせて頂きますのでどうぞよろしく
    お願い致します。

    ぽかぽかと心地の良い気候になってまいりました。
    暖かい日差しを受けながらお出かけや、お散歩がしたくなりますね。
    今回は、淡路島の旬の食べ物や淡路島のイベント情報を中心にご紹介
    したいと思います。

    それでは、今回のメンバーズ通信もどうぞ最後までお付き合い下さいませ。

    ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

    ■トピックス
    [1] こだわり抜いた「海の宝石」が2012年4月28日に解禁!!
    [2] 淡路島 トリックアート展
    [3] 幻想的な光の世界を生み出す「海ホタル」
    [4] ≪淡路島の魅力探索≫淡路島そのものが宝船!?七福神を訪ねる〜その6〜
    □■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New? ■□

    ■編集後記

    ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [1] こだわり抜いた「淡路島の生しらす」が2012年4月28日に解禁!!
    http://www.shimahana.com/url.php?id=32
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「淡路島の生しらす」が解禁して約1ヶ月が経ちましたが、まだ食べていないと
    言う方はいらっしゃいますか?

    昨年初登場して注目を浴びた、鮮度の高い生しらすを使ってお客様に提供する
    「淡路島の生しらすプロジェクト」が今年も解禁!

    この「淡路島の生しらすプロジェクト」では、生まれてからほんの数ヶ月、
    豊潤な瀬戸内の海が育んだ海の宝石・シラスを頂けます。
    シラスは本来、アシが早くて傷みやすく、釜揚げや天日干しをする事で保存性を
    高めてきた食材だったのですが、その常識を打ち破るような取組みが、昨年
    はじめて淡路市の岩屋地区で始まりました。

    それは、淡路島岩屋港で水揚げされたしらすをベテラン職人が一切の妥協を
    許さず目利きし最高鮮度の「きれいもん」のみ使用します。つまり量より質で
    厳選します。
    そして、水揚げ直後に地元加工業者へ持ちこみ瞬間冷凍する事でそのままの
    鮮度を閉じこめ、その「鮮度」を最大限生かし島の料理人達は愛情込めて腕を
    振るいます。
    こうした地元の漁師、加工業者、そして料理人が手を組んだプロジェクトが
    「淡路島の生しらすプロジェクト」です。

    「淡路島の生しらすプロジェクト」
    http://www.shimahana.com/url.php?id=32

    私どものグループホテル ホテルニューアワジの「バル淡道」もこのプロジェクトに
    参加させて頂いております。
    バル淡道の生しらす丼は、ふっくら淡路米のうえに鮮度抜群の生しらすを
    たっぷりのせて、淡路玉葱や温泉卵など数々のトッピングとともに頂きます。
    まずは生しらすのみで生命力溢れる仄かな苦味を愉しみ、そして温泉卵と
    絡めます。生しらすが持つ柔らかでつるつるとした食感と、とろけるように口の
    中で広がる円やかな旨みと甘みがたまりません。
    めったに食べることが出来ない「生しらす」。

    ぜひこの機会にお試しください。
    http://www.shimahana.com/url.php?id=33

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [2] 淡路島 トリックアート展
    http://www.shimahana.com/url.php?id=34
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    現在、淡路島では4月1日から11月30日までトリックアート展が開催されています。

    トリックアートとは平面の絵画を立体的に描き表すユニークなアートです。
    平行に描かれているのに、ゆがんで見えたり、見方によって絵が変化したり、
    人の目の感覚を巧みに利用して、不思議な感覚が楽しめる絵画のことを
    「トリックアート」といいます。
    展示されている作品はどれも額縁ごと壁に書き込まれたもので、特徴としては
    「触れる」「写真が撮れる」そして「遊べる」ことです。
    絵とわかっていながら立体的に見えるおもしろさ、続々と待ち受けるアートの
    罠を、来場者自身の目と手で、体験することができます。

    この「淡路島トリックアート展」を製作した会社は、大阪駅桜橋口地下道
    (梅田のバーチャルコリドー)の両壁面と天井に、欧米風のショッピング
    ストリートを再現するトリックアートなども手がけています。

    まさに新感覚の絵画です。皆様もぜひ体験してみてください。
    http://www.shimahana.com/url.php?id=34

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [3] 幻想的な光の世界を生み出す「海ホタル」
    http://www.shimahana.com/url.php?id=36
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    自然の神秘に出会う旅へ・・・。

    綺麗な水が流れるところに生息する美しい光を放つホタルはご存知の方も多いと
    思いますが、海にも「海ホタル」と呼ばれるホタルがいることをご存知でしょうか。

    この度、毎年好評の海ホタルの観賞ツアーに参加させて頂きました。
    海ホタルは体長3ミリ程のミジンコのような甲殻類で、発光物質を分泌し光が
    広範囲に「ボワ〜ッ」と広がってとても幻想的です。
    幻想的な光景が一面に広がって、参加された皆さんが歓声を上げていらっしゃ
    いました。

    ツアーは洲本温泉の各旅館からバスへ乗り込み出発して、バスに揺られること
    約50分。
    南あわじ市の阿万海岸に到着して20時30分から観賞会が開催されます。
    全行程で約2時間半のツアーになります。
    http://www.shimahana.com/url.php?id=35

    ■場所 南あわじ市阿万海岸
    ■出発 洲本温泉19:30頃(所要時間は約2時間半です)
    ■料金 対象宿泊施設に宿泊の方は無料(当館も対象です)
    ■予約 各宿泊施設
    ※天候により催行されない場合はご容赦下さい
    ※ツアーには歩きやすい靴をお持ちください

    ■設定日■
    4月 27(金)
    5月 6(日)・11(金)・13(日)・18(金)・20(日)・25(金)・27(日)
    6月 1(金)・3(日)・29(金)
    7月 1(日)・6(金)・8(日)・13(金)・15(日)・20(金)・22(日)・27(金)・29(日)
    8月 24(金)・26(日)・31(金)
    9月 2(日)・7(金)・9(日)・14(金)・16(日)・21(金)・23(日)・28(金)・30(日)

    ≪自然の神秘≫海ホタル観賞バスツアープラン
    http://www.shimahana.com/url.php?id=36

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [4] ≪淡路島の魅力探索≫淡路島そのものが宝船!?七福神を訪ねる〜その6〜
    http://www.shimahana.com/url.php?id=37
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    古事記や日本書紀の神話によれば、日本の国を創った「イザナギ」「イザナミ」が
    最初に生んだ島が淡路島だとされています。この「日本のふるさと」淡路島には、
    歴史のロマンを秘めた数多くの史跡や文化遺産があり、四百余りの社寺が点在
    しています。

    さて、第6回目となります「淡路島の魅力探索」の中では七福神を祀る寺社に
    ついてご紹介してまいります。

    淡路島には、恵比寿、大黒天、毘沙門天、寿老人、福禄寿、布袋、弁才天
    (弁財天)を祭る七福神の寺院があります。「恵比寿神」をはじめ、古くから幸福を
    招くといわれる七福神をそれぞれお祀りする寺院が広く全島にまたがり、まさに
    淡路島そのものが七福神乗り合いの宝船と見たてられています。

    今回は、6院目の寺院「長林寺」をご紹介したいと思います
    七福神の「福禄寿」が祭られている寺院です。

    ■長林寺(ちょうりんじ).
    兵庫県洲本市五色町にある長林寺は、天平9年(737)、僧行基がこの地に
    七堂伽藍を創建し、本尊11面観音菩薩像を安置したのが創まりで、塔頭12坊を
    構え仏教弘通の霊場として威容を誇っていました。延喜元年(901)、菅原道真が
    九州に赴くとき当地にとどまり、長林寺の御堂に参詣されました。

    ■福禄寿(ふくろくじゅ)
    福禄寿(ふくろくじゅ)は、七福神の一人。道教で強く希求される3種の願い、
    すなわち幸福(現代日本語でいう漠然とした幸福全般のことではなく血の
    つながった実の子に恵まれること)、封禄(財産のこと)、長寿(単なる長生きでは
    なく健康を伴う長寿)の三徳を具現化したものである。宋の道士天南星の化身や、
    南極星の化身(南極老人)とされ、七福神の寿老人と同体、異名の神とされることもある。
    福禄人(ふくろくじん)とも言われる。

    【長林寺】
    (あわじナビ!)
    http://www.shimahana.com/url.php?id=37

    □■ 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New? ■□━━━━

    神戸六甲アイランドに佇むランドマークホテル「神戸ベイシェラトンホ
    テル&タワーズ」がホテルニューアワジグループとなり半年を迎えます。
    より一層お客様に愛される地域密着型のホテルとなりますよう、サービスの向上
    や施設の充実に努めておりますが、今回からはじめさせて頂きますこちらの
    コーナーでは、神戸ベイシェラトンホテルの近況を少しずつ、皆様にお届け
    できればと思っています。

    まず、これまで駐車場料金は宿泊のお客様でも1泊あたり1000円を申し受けて
    おりましたが、4月1日から1泊につき24時間までは無料とさせて頂きました。
    神戸市内中心地から少し離れている神戸ベイシェラトンホテルですが、街中とは
    違い静かでゆったりと過ごせる六甲アイランドを少しでも近く感じて頂ければ
    幸いです。

    また、個性溢れる5つのレストランでは、兵庫五国フェアを開催中です。
    期間中は、摂津・淡路・播磨・但馬・丹波の五国の海の幸と山里の幸を
    多彩な料理に仕上げてお客様にご提供させて頂きます。
    ご宿泊の際のお愉しみとして、またお気軽にお食事だけでもお愉しみ頂
    けます。

    季刊誌「LEAF」では鉄板焼「神戸グリル」の料理長「平岡弘臣」のイン
    タビューをはじめ、この兵庫五国フェアのご案内をさせて頂いておりま
    す。電子ブック版もご用意させて頂きましたので、ぜひ一度ご覧くださいませ。
    http://www.shimahana.com/url.php?id=39

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■編集後記
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    先日、本文でもご紹介させて頂きました「淡路島トリックアート展」を見に「うずの
    丘大鳴門橋記念館」にいってまいりました。

    今回の淡路島ぷち旅行は、トリックアートを楽しむことのみ目的だったのですが、
    大鳴門橋記念館 うずの丘という施設の魅力はそれだけではなかったのです。

    大鳴門橋記念館のレストランは、「淡路島の生しらすプロジェクト」の参加店舗の
    1つで「生しらす丼」や全国ご当地バーガーフェスタに入賞したオニオンビーフ
    バーガー島バーガー(あわじ島バーガー)なども食べる事ができます。

    トリックアートで楽しんで、うずしお科学館で勉強し、レストランで
    食を楽しむ。素晴らしい施設でした。

    【うずの丘大鳴門橋記念館】
    http://www.shimahana.com/url.php?id=38

    ちなみに、トリックアートのチケットを買えば、うずしお科学館も無料で体感
    できますのでお得感も満載です。

    それでは皆様、最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。
    またお会い致しましょう。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
    ※配信停止をご希望の場合は恐れ入りますがそのままご返信くださいませ。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

    編集:ホテルニューアワジグループ インターネット予約センター
    編集担当:萩原 隆太
    発行:株式会社 島花
    〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1277-5
    TEL:0799-24-3800 FAX:0799-24-0021
    homepage http://www.shimahana.com
    facebook http://www.facebook.com/shimahana
    twitter https://twitter.com/awaji_shimahana
    メール rsv@shimahana.com

    Copyright (C) SHIMAHANA. All Rights Reserved.     Mailmagazine system : powered byメール配信CGI acmailer