メルマガ バックナンバー

日付一覧

  • 2018/07/05 13:29:01
  • 2018/05/29 10:32:56
  • 2018/05/09 16:42:25
  • 2018/04/29 10:13:05
  • 2018/03/28 13:48:30
  • 2018/03/02 15:08:01
  • 2018/01/18 14:39:52
  • 2017/09/25 10:03:38
  • 2017/09/13 13:30:54
  • 2017/08/10 15:25:15
  • 2017/06/30 16:01:32
  • 2017/06/21 13:34:39
  • 2017/05/11 14:03:57
  • 2017/03/24 15:44:41
  • 2017/03/01 09:54:26
  • 2017/02/28 16:33:28
  • 2017/01/16 15:18:25
  • 2016/12/19 11:03:36
  • 2016/11/20 10:14:52
  • 2016/10/26 16:27:35
  • 2016/10/23 10:29:06
  • 2016/10/03 15:44:30
  • 2016/08/30 13:55:03
  • 2016/08/18 13:42:52
  • 2016/07/29 14:26:53
  • 2016/07/18 13:43:16
  • 2016/06/17 15:10:40
  • 2016/05/03 16:28:16
  • 2016/01/22 16:04:32
  • 2015/12/28 18:20:10
  • 2015/12/28 11:43:20
  • 2015/12/04 10:40:58
  • 2015/11/04 16:03:33
  • 2015/10/21 16:37:51
  • 2015/08/17 09:23:25
  • 2015/07/23 17:07:14
  • 2015/06/23 15:47:21
  • 2015/04/24 17:47:23
  • 2015/03/21 17:31:11
  • 2015/03/05 11:38:40
  • 2015/02/23 15:41:19
  • 2015/01/22 16:50:34
  • 2014/12/16 17:01:20
  • 2014/11/22 12:16:21
  • 2014/10/30 17:37:27
  • 2014/10/24 17:34:59
  • 2014/09/19 17:44:14
  • 2014/07/31 18:29:01
  • 2014/06/19 15:58:41
  • 2014/05/28 12:02:33
  • 2014/04/26 18:13:39
  • 2014/04/20 11:42:48
  • 2014/03/25 16:51:53
  • 2014/03/02 11:26:05
  • 2014/01/26 17:54:26
  • 2013/12/24 17:21:26
  • 2013/11/22 18:46:45
  • 2013/10/18 12:20:37
  • 2013/09/28 17:57:11
  • 2013/08/23 19:12:37
  • 2013/08/16 14:21:46
  • 2013/08/03 13:39:57
  • 2013/07/10 11:34:08
  • 2013/04/28 17:54:53
  • 2013/04/20 16:44:05
  • 2013/03/26 13:38:00
  • 2013/02/22 17:22:29
  • 2013/01/02 16:55:47
  • 2012/12/21 17:29:37
  • 2012/11/16 17:38:14
  • 2012/10/25 17:06:43
  • 2012/10/13 11:51:43
  • 2012/09/23 15:51:54
  • 2012/08/18 16:51:25
  • 2012/07/21 17:08:38
  • 2012/06/22 18:41:53
  • 2012/05/26 18:16:08
  • 2012/04/25 19:28:53
  • 2012/04/18 19:00:33
  • 2012/04/03 18:38:02
  • 2012/02/29 14:05:03
  • 2012/02/01 17:54:52
  • 2011/12/27 15:58:52
  • 2011/12/01 14:12:43
  • 2011/11/01 19:21:50
  • 2011/09/28 11:09:22
  • 2011/09/13 15:21:26
  • 2011/08/31 09:15:47
  • 2011/07/31 14:40:25
  • 2011/07/22 17:35:28
  • 2011/06/29 14:47:14
  • 2011/06/01 13:33:44
  • 2011/04/30 15:56:52
  • 2011/04/06 17:16:03
  • 2011/03/01 16:17:43
  • 2011/01/30 19:09:20
  • 2011/01/16 13:42:24
  • 2010/12/29 15:35:11
  • 2010/11/30 16:00:16
  • 2010/10/31 19:10:34
  • 2010/10/01 08:09:29
  • 2011/09/28 11:09:22
    • 海のホテル 島花 メンバーズ通信 No.13

    ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          海のホテル 島花 メンバーズ通信 No.13

          http://www.shimahana.com

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2011年9月28日■□■


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ― 疾風迅雷(しっぷうじんらい) ―

    以前のメンバーズ通信でも登場したこの言葉、皆様覚えていらっしゃる
    でしょうか?「疾風迅雷」とは、行動が極めて素早く激しい事、事態が
    急変するさまを表現した四文字熟語です。

    そして私は今、声を大にしてこう言いたい・・・
    また疾風迅雷が起こったと!!

    メンバーズ通信No.10で、春から夏への移り変わりがまるで雑誌のページ
    をめくるかのように一瞬でびっくりしたと書きましたが、またです。

    ほんの数日前まで残暑厳しく蒸し暑い毎日だったのが、もう夜は少し
    寒かったりなんかして、思わず「こたつ・・・」と呟いてしまったじゃ
    ないですか。1年に4回しかない四季の移り変わりが、まるで雑誌のペ
    ージをめくるかのように一瞬で、またびっくりしたじゃないですか。

    皆様こんにちは!
    海のホテル 島花の肥田です。

    ここ何日かで、すっかり秋の気配が漂ってきましたね。
    散歩などをしていて、ふと金木犀(キンモクセイ)の香りが鼻をかすめる
    と今年も秋が来たんだなぁとしみじみ・・・
    ところでキンモクセイってなぜ「金木犀」と書くんでしょうか?
    調べてみると、キンモクセイが属するモクセイ科は樹皮が動物の犀(サイ)
    の皮に似ているところから、そう名付けられたそうですよ。

    今回のメンバーズ通信は『4つの秋』をキーワードにお届けしたいと思
    います。

    それでは「海のホテル 島花 メンバーズ通信」のスタートです。
    どうぞ最後までお付き合い下さいませ。

    ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

    ■トピックス

    [1] ≪行楽の秋≫「淡路花祭2011秋」が開幕致しました!
    [2] ≪芸術の秋≫永田青嵐顕彰全国俳句大会
    [3] ≪美容の秋≫夏の間にたまった肌のダメージをケア!
    [4] ≪方言の秋≫いつか役立つ!?淡路弁講座その

    ■編集後記

    ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [1] ≪行楽の秋≫「淡路花祭2011秋」が開幕致しました!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    淡路の活性化と花とみどり溢れる環境立島「公園島淡路」の実現に寄与す
    る為『震災の島から花の島へ』をテーマに、今年も関係機関と連携して
    【淡路花祭2011秋】が開催されています。
    期間中は各施設で様々なイベントが開催され、ご家族で、お友達同士で、
    また恋人同士で行楽の秋をお楽しみ頂くにはピッタリ!
    ぜひ「秋の淡路島」へお越し下さい♪

    ★☆淡路花祭開催趣旨☆★
    1.淡路島島内の緑花関連機関と連携して花みどり活動の持続発展を促し、
    環境立島「公園島淡路」の実現を図ります。

    2.淡路花博2010「花みどりフェア」開催によって高まった「花の島あわじ」
    のイメージを定着を図ります。

    3.「あわじ花へんろ」「あわじオープンガーデン」など緑花推進組織の
    活性化を図り、淡路島らしい景観づくりを行います。

    ★☆開催期間☆★
    ≪淡路島全島での期間≫
    2011年9月10日(土)〜11月20日(日)
    ≪メイン会場(淡路ファームパーク・イングランドの丘)での期間≫
    2011年10月1日(土)〜11月20日(日)

    ★☆開催場所☆★
    ≪メイン会場≫
    淡路ファームパーク・イングランドの丘(南あわじ市)
    ≪連帯施設≫
    兵庫県立淡路島公園(淡路市) 淡路島国営明石海峡公園(淡路市)
    淡路夢舞台/奇跡の星の植物館(淡路市) あわじ花さじき(淡路市)
    淡路市立香りの公園(淡路市) ウェルネスパーク五色(洲本市)
    城戸アグリ公園(洲本市) 鮎原河上天満宮(洲本市) 淡路島牧場(南あわじ市)
    淡路ふれあい公園(南あわじ市) おのころ島神社(南あわじ市)
    道の駅「うずしお」(南あわじ市)

    ★☆主催☆★
    あわじ花みどり回廊・淡路花祭推進協議会(事務局:(財)淡路島くにうみ協会)
    TEL:0799-24-2001
    FAX:0799-25-2521
    〒656-0022 兵庫県洲本市海岸通1-11-1
    E-mail:awajishima@kuniumi.or.jp

    ★☆淡路花祭2011秋公式ホームページ☆★
    http://www.awajihanamatsuri.com/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [2] ≪芸術の秋≫永田青嵐顕彰全国俳句大会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    俳句とは、世界最短の詩である―

    淡路島出身の俳人であり、政治家でもあった永田青嵐氏(1876〜1943)を
    顕彰する第三回全国俳句大会の投句受付が10月1日(土)より開始致します。
    前回(第2回)大会では5182もの投句があり、今大会も激戦が必至!!

    芸術の秋に相応しいイベントですので、ぜひ皆さん『秋』を楽しみながら
    俳句を作ってみませんか?
    芭蕉の再来と言われている私ももちろん参加します♪
    投句締め切りまでまだまだ十分時間があるので、じっくりと考えて賞を狙
    います!!

    ≪第三回永田青嵐顕彰全国俳句大会≫

    ★☆投句受付期間☆★
    10月1日(土)〜11月30日(水)

    ★☆投句要領☆★
    未発表の近作2句1組限定(有季定型)

    ★☆選者☆★
    代表選者:稲畑汀子先生(排誌ホトトギス主宰)

    ★☆賞☆★
    永田青嵐大賞・兵庫県知事賞・洲本市長賞他

    ★☆投句先・問い合せ先☆★
    財団法人淡路島くにうみ協会
    〒656-0022 兵庫県洲本市海岸通1丁目11-1(洲本ポートターミナルビル3階)
    TEL:0799-24-2001 FAX:0799-25-2521  
    MAIL:awajishima@kuniumi.or.jp

    ★☆表彰・入選句発表☆★
    平成24年3月18日(日)※入選者に通知

    ≪淡路島が生んだ偉人〜永田 青嵐(ながた せいらん)〜≫

    兵庫県三原郡(現南あわじ市)生まれ。本名は秀次郎。
    1899年、第三高等学校法学部卒。兵庫県立洲本中学校校長、警察部長、
    三重県知事、貴族院議員、拓殖大学長などを歴任。
    1923年関東大震災当時の東京市長。
    現在の日本経済の中心地である「永田町」はこの永田氏に由来している
    とも言われている。
    俳句は三高在学中に寒川鼠骨の手ほどきを受け、後に高浜虚子に心酔。
    句は特別枠で随誌ホトトギスに掲載された。

    【代表句】
    ・凩に追はる、如く任地去る
    ・震災忌我に古りゆく月日かな
    ・交はりは薄くも濃くも月と雲

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [3] ≪美容の秋≫夏の間にたまった肌のダメージをケア!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ところで女性の皆さん、
    紫外線ダメージの激しい夏が過ぎたと一安心していませんか?

    秋の肌は夏に浴びた紫外線の影響やエアコンによる室内外の温度差などで、
    肌の本来の代謝も鈍りがちで、紫外線の影響が強くあらわれてくるのも
    この時期です。なので、この時期にしっかりケアをして、お肌を回復させ
    る事が大事なんですね!そこで島花お勧めプランのご紹介です♪

    ★☆エステ付ヒーリングプラン☆★
    http://directin.jp/?x=903898

    タラソトリートメント「リノスパ」でエステを45分ご利用頂けるプランです。
    コースはアロママッサージまたはフェイシャルエステのどちらかをチョイス
    可能♪
    ご夕食はナチュラルカフェ南風花(はいばな)でシェフお任せの量を控えめ
    にしたお料理をワンプレートに乗せてご用意。
    オーガニック&ヘルシーな「カフェ飯」をお召し上がり下さいませ。

    そして最上階スパフロアにある展望浴室「霑(てん)」では三熊山の麓を源
    泉に持つ名湯「洲本温泉」をお楽しみ頂けます。
    泉質は単純弱ラドン泉で湯に浸かった瞬間に身体にシットリとなじむよう
    な感覚が特徴♪さらに海のホテルならではのシャトルボートを利用してグル
    ープホテル内のスパテラス水月「くにうみの湯」・スパテラス水月「淡路
    棚田の湯」・淡路夢泉景の湯賓閣「天宮の雫」への湯処巡りも可能となり
    洲本温泉を存分にお楽しみ頂けます。

    ≪特典≫
    ◆アロママッサージ・フェイシャルエステのどちらかを45分サービス
    ◆カフェワンドリンク券付

    ≪洲本温泉効能≫
    神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・関節のこわばり・慢性消化器病・
    痔疾・うちみ・くじき・冷え性・疲労回復・病後回復期・健康増進・
    五十肩など

    エステとオーガニックな食事、そして温泉・・・こころもからだも美しく
    なる旅へのご案内です♪

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    [4] ≪方言の秋≫いつか役立つ!?淡路弁講座その
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    久し振りの淡路弁講座です。
    皆さん、今まで習ってきた淡路弁は役に立っていますでしょうか?
    恐らく役に立っていないと思いますが、いつか役に立つかも知れない淡路
    弁講座ですので、何卒ご了承下さいませ!

    今回はちょっと難しく、複数の淡路弁を使用した問題を出してみたいと
    思います。下記の文章を標準語に直すとどんな文章になるでしょうか?

    『ちょう!このご飯、がいにかんぴんたんやぞ!』

    ・・・・・はい、上の文章は全部日本語で出来ています。
    いいえ、かんぴんたんは「あんぽんたん」ではありません。
    はい、これは全部日本語です。
    いえ、だから日本語です。

    近畿地方にお住みの方でしたら、大体の感じはお分かりでしょうか?
    それでは正解です。

    『ちょっと!このご飯、物凄く乾いてカチカチになっているよ!』

    という意味でした!

    「ちょう」は「ちょっと」、「がいに」は「物凄く・とても」

    そして「かんぴんたん」とは「乾燥してカチカチになったもの」の事を
    言います。

    時には恥ずかしかったり、時には誇らしく思えたり・・・
    方言って面白いものですね。
    いつか役立つ!?淡路弁講座、次回もお楽しみに♪

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■編集後記
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    秋の日は釣瓶(つるべ)落とし―

    井戸で水を汲む時、手を放すと釣瓶が勢いよく落ちていく様子をたとえて
    「秋の日没は速く、すぐに暮れる」という諺ですが、本当に近頃日が暮れ
    るのが早くなりましたね。夜は一気に気温が下がりますので、皆さん風邪
    など引かないようご注意下さいませ。

    秋の淡路島は淡路花祭の他にも楽しいイベントがいっぱいで、紅葉鯛など
    のおいしいものも盛り沢山です。
    以前にもご案内をさせて頂きましたが、土日祝日の垂水IC〜淡路IC(明石
    海峡大橋)間は1,150円(5割引適用/ETC車限定)で利用できるので、お気軽
    に淡路島へ遊びに来て頂くことが出来ます。

    秋は個人的にも好きな季節です。
    日が暮れるのは早いのですが、何かゆっくりと1日が過ぎていくような
    、のんびりとした雰囲気が好きなんですよね。
    今晩も虫たちの奏でる演奏会に耳を傾けながら、眠りにつくまで俳句を
    作ってみようか・・・と、書いている間に一句出来上がりました!

    『キンモクセイ 年に一度の 秋便り』

    それでは皆様、今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございま
    した。また次号でお会い致しましょう。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
    ※配信停止をご希望の場合は恐れ入りますがそのままご返信くださいませ。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    *〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

    編集:ホテルニューアワジグループ インターネット予約センター
    編集担当:肥田 隆
    発行:株式会社 島花
    〒656-0023 兵庫県洲本市小路谷1277-5
    TEL:0799-24-3800 FAX:0799-24-0021
    ホームページ http://www.shimahana.com
    メール rsv@shimahana.com

    Copyright (C) SHIMAHANA. All Rights Reserved.     Mailmagazine system : powered byメール配信CGI acmailer