島花ブログ 

【冬の風物詩】淡路島の水仙郷めぐり 2020

DPP_009_400×300.jpg

淡路島の冬の風物詩といえば“水仙”。
日本三大水仙群生地として有名な淡路島では、例年12月下旬から2月中旬にかけて南あわじ市の「灘黒岩水仙郷」と洲本市の「立川水仙郷」に可憐な水仙が咲き誇り、たくさんの観光客が足を運びます。

そんな水仙の開花シーズンに合わせて、今年も水仙が見頃を迎える期間限定で洲本温泉とそれぞれの水仙郷をむすぶ便利な「水仙シャトルバス(水仙郷入園券付)」が運行いたします。ホテル玄関からご乗車頂けますので、お荷物やお車をホテルに預けてらくらく水仙郷を訪れることができますよ。
また、海のホテル 島花では水仙郷の入園券と水仙郷までのシャトルバス乗車券(往復)をセットにした宿泊プランもご用意しておりますので、この機会にぜひご利用くださいませ。

※開花の状況は天候等により日々変化していきますので、お越しになる前に必ずそれぞれの施設に開花状況をお問合せください。


〓灘黒岩水仙郷〓

標高608mの諭鶴羽山から海に続く急斜面の一帯、約7ヘクタールにわたって500万本もの野性の水仙が咲き誇り、冬の淡路島を代表する花の名所。江戸時代後期に海岸に漂着した球根を、付近の漁民が山に植えたのが始まりとされています。
展望台からは、ニホンズイセンの鮮やかなレモンイエローとブルーの海との美しいコントラストをお楽しみいただけます。

● 開園期間:2019年12月21日(土)〜2020年2月下旬(予定)
       ※休園日…12月31日(火)終日及び1月1日(水)午前
● 開園時間:9:00〜17:00(最終入園 16:30)
● 入園料:大人600円 小人300円(小・中学生)
      ※今年は例年より開花が遅れているため、年内は入園料無料
● 駐車場:無料
● 所在地:兵庫県南あわじ市灘黒岩2
      ※ホテルより車で約50分
● お問合せ:灘黒岩水仙郷 0799-56-0720 (開園期間中のみ)
       淡路島観光協会 南あわじ観光案内所 0799-52-3522
       南あわじ商工観光課 0799-43-5221
公式HP


〓立川水仙郷〓

洲本市の南部、紀淡海峡を望む斜面に広がる水仙の名所。早春の光の中、白や黄色の日本水仙や欧州水仙が咲きそろい幻想的な風景をつくり出します。テレビで以前話題になった「淡路島ナゾのパラダイス」という、陰陽信仰や道祖神信仰にまつわる展示館「淡路秘宝館」を併設しています。

● 開園期間:年中無休(水仙開園は2019年12月25日(木)〜2020年4月1日頃)
● 開園時間:9:00〜17:00
● 入園料:大人200〜500円 小人100〜300円(小・中学生)
     ※開花状況により入園料が変動しますので、お越しの際は公式HPをご確認ください。
● 駐車場:無料
● 所在地:兵庫県洲本市由良町由良2877-22
      ※ホテルより車で約30分
● お問合せ:0799-27-2653
公式HP


■灘黒岩水仙郷■


■立川水仙郷■
◆カレンダー◆
◆記事一覧◆
◆アーカイブ一覧◆
◆プロフィール◆
◆その他◆

TOPICS

島花の楽しみ方

愛犬と泊まれる ドッグフレンドリールーム

自転車の旅淡路島1周ロングライドプラン

国家試験免除!ボート免許取得プラン

Copyright (C) SHIMAHANA. All Rights Reserved.