島花ブログ 

食のブランド「淡路島」オータムメッセ2018開催!

13淡路ワールドパーク ONOKORO_400×300.jpg

淡路ワールドパークONOKOROで、食のブランド「淡路島」オータムメッセ2018が開催されます。

淡路島牛丼や淡路島ぬーどる、淡路島なるとオレンジを使ったシフォンケーキなど、島の人気グルメが一挙集合!御食国(みけつくに)淡路島の誇る食の魅力を丸ごと一度に味わえるグルメイベントです。
淡路人形浄瑠璃の上演やジャズオーケストラ、スティールパンの演奏など、ステージイベントも盛りだくさん。

ご案内チラシについている入場無料券を持参していただくと、淡路ワールドパークONOKOROへの入場が無料になりますよ♪
この機会に、ぜひ淡路島の食を満喫してください。

≪入場無料券付きご案内チラシ(PDF)≫

【食のブランド「淡路島」オータムメッセ2018】
●日程:2018年11月10日(土)・11日(日)
●時間:各日10:00〜15:00
●場所:淡路ワールドパークONOKORO
●お問合せ:オータムメッセ2018事務局(TEL 078-362-0566)
●公式HP:http://brand-awajishima.com/

ぶらり散策『すもと歴史さんぽ』でタイムトラベル!

洲本港400x300_MG_0131.jpg

歴史ある洲本のおすすめエリアを中心に淡路島・洲本の歴史をガイド付きで散策する人気のイベント紹介です。
洲本市は『国生みの島・淡路』と『北前橋寄港地・船主集落』の2つで日本遺産の認定を受けました。そこで今回の『すもと歴史さんぽ』は、歴史ロマンあふれる洲本の遺跡巡りなど日本遺産を身近に感じられるまち歩きを開催!歴史やお城好きな方は必見です。

●洲本城下町めぐり
「続日本100名城」に選ばれた洲本城と城下町の武家屋敷、淡路文化資料館などをめぐって淡路島の歴史と文化を体感するツアー。

●名城 炬口城と春陽荘
淡路を代表する戦国時代の山城と幕末の台場を巡り、紅葉の名所「名号石」を散策。国登録有形文化財「春陽荘」の美しい和の空間で日本茶をお愉しみください。

●英雄 高田屋嘉兵衛の里めぐり
日本遺産に追加認定された『北前橋寄港地・船主集落』。江戸時代中期から明治時代にかけて日本各地を航路で結び活躍した商船群です。一代で貿易王となった豪商「高田屋嘉兵衛」のゆかりの地をめぐってみませんか?

●淡路島 日本遺産 成ヶ島と由良要塞
成ヶ島は南北2.5劼忘十が続く細長い島で、淡路橋立とも言われ眺望抜群。また、戦争遺跡でもある由良要塞は大日本帝国陸軍の要塞のひとつです。

各コースの詳細・日程
※参加の申し込みは、開催日の3日前までに下記へお電話ください。
・TEL 0799−24−3331/淡路文化資料館 (9:00〜17:00)

【淡路島国営明石海峡公園】秋のカーニバル2018開催のお知らせ

秋のカーニバル_表_400×566.jpg

10月に入り、コスモスやダリアの花が見ごろを迎える淡路島国営明石海峡公園では、9/15(土)〜11/4(日)まで秋のカーニバルが開催されています。
期間中は、公園ボランティアによる“フラワーガイドツアー”や沢山のイベントを開催予定。
入園料が無料となる日や特別イベントもありますので、ご確認の上お出掛けくださいませ。

【イベント情報】
★食のリレーイベント/淡路食のふるまい
淡路島の食を気軽に体験できるイベント。蛸の天ぷら、淡路牛コロッケが振舞われます。
・日程 2018年10月20日(土)・21日(日)
・時間 14:00〜16:00 ※各日200食・なくなり次第終了

★コスモスのつみとり体験
園内で咲くコスモスをつみとり、お1人様10本までお持ち帰りいただけます。
・日程 2018年10月20日(土)・21日(日)・28日(日)
・時間 13:30〜15:30

★多肉植物の寄せ植え体験
かわいらしい見た目と育てやすさで人気の多肉植物を使って、おしゃれな寄せ植えを作ってみませんか?
・日程 2018年10月14日(日)・21日(日)・27日(土)・28日(日)
・時間 10:00〜15:00

★木工クラフト&お絵かき風船
どんぐりなど自然素材を使った木工クラフトやお絵かき風船作りは、親子で楽しんでいただけます。
・日程 2018年10月28日(日)までの土日祝
・時間 10:00〜16:00

★アロマキャンドル作り
アロマの香りはリラックス効果に優れ、ストレスを取り除き、免疫力機能が向上すると言われています。オリジナルのアロマキャンドルで香りの力をお愉しみください。
・日程 2018年11月4日(日)
・時間 10:00〜15:00

【秋のカーニバル】
●開催場所 淡路島国営明石海峡公園
●入園料 大人(15歳以上)450円 ※中学生以下無料
●住所 兵庫県淡路市夢舞台8-10
●お問合せ・事前申込 (TEL 0799-72-2000/明石海峡公園管理センター)へ
●ホームページ http://awaji-kaikyopark.jp/

≪詳しいご案内チラシ(PDF)≫

今回で第14回目!「城下町洲本レトロなまち歩き」

第14回レトロなまち歩き_400×566.jpg
古い町家や煉瓦倉庫が残る城下町、洲本。レトロな雰囲気と食のイメージをより高め、その魅力を発信していく町おこしイベント「城下町洲本レトロなまち歩き」が、10月20日(土)・21日(日)に洲本中心市街地で開催されます。
明治時代末期から昭和の古い民家や空き店舗を、カフェやギャラリーとして復活させた町並みを散策するイベントで、今回で第14回目の開催となります。

開催日両日中は地元の食や音楽、ハンドメイド作品の店舗出店に加えて、ミニイベントも各所に出現予定。「淡路牛が当たる淡路島カレーラリー」や、21日には、200杯限定でハモ汁(ソーメン入り)の振舞いも!
島内、島外問わず多くの人が訪れるこの機会に、ぜひ洲本の町へ足をお運びください。

〓 「第14回 城下町洲本レトロなまち歩き」 〓
http://sumoto-retro.blogspot.com/

◆開催日時 2018年10月20日(土)10時〜17時
      2018年10月21日(日)10時〜16時
◆会場   洲本市栄町2丁目〜山手3丁目・本町5、6、7、8丁目商店街・寺町
◆お問い合わせ 城下町洲本再生委員会
        MAIL:info@sumoto-retro.com

【「阿久悠杯歌謡祭2019」が2月11日に開催】

400-000.jpg
昭和歌謡界の重鎮として、数々のヒット曲を世に生み出した作詞家の阿久悠さん。その阿久悠さんの故郷である淡路島で、2019年2月11日に「第1回 阿久悠杯歌謡祭2019」が開催されます。

アマチュアの方で、曲目が阿久悠さんの作品であればどなたでも歌謡祭に応募可能。

当日は阿久悠さんと旧知の仲である音楽評論家の小西良太郎氏やご子息で作曲家の深田太郎氏など、歌謡界の重鎮が審査員を務めるので、レベルの高い大会なることは間違いなし。

阿久悠さんのふるさと淡路島で、ぜひ自慢の唄声を披露してみませんか?

= 大会概要 =

【開催日時】2019年2月11日(月祝)
【開催時間】開演10:30〜終演18:00(予定)※開場10:00
【開催会場】洲本市文化体育館 文化ホール(しばえもん座)
       兵庫県洲本市塩屋1-1-17(0799-25-3321)
【料  金】観覧入場料/前売り1,000円(当日1,500円)※全席自由席
       出場料/13,000円※1コーラス歌唱

= 応募要領 =

【応募資格】アマチュアの方ならどなたでも
【応募曲目】阿久悠作品
【応 募 料】3,000円※1曲
【応募方法】歌声をカセットテープまたはCD-Rに録音し、1)曲名
       2)歌手名 3)住所 4)氏名 5)年齢 6)TELを明記し、
       応募料を添えて現金書留にて下記宛先に送付。
【応募締切】2018年11月19日(月)※消印有効

= 合否通知 =

厳正な審査のもと、12月20日頃に審査証と共に歌謡祭出場の合否が通知されます。

= 応募・問合せ先 =

「阿久悠杯歌謡祭2019」事務局
【住所】〒656-0051兵庫県洲本市物部3-6-13
【TEL/FAX】0799-24-6500

【阿久悠杯歌謡祭2019(PDF)】
◆カレンダー◆
<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
◆記事一覧◆
◆アーカイブ一覧◆
◆プロフィール◆
◆その他◆

TOPICS

島花の楽しみ方

愛犬と泊まれる ドッグフレンドリールーム

自転車の旅淡路島1周ロングライドプラン

国家試験免除!ボート免許取得プラン

Copyright (C) SHIMAHANA. All Rights Reserved.